協和病院空撮

心に寄り添う大切な家族のような存在として、患者さんの入院生活を応援致します。 人に優しい医療、地域に根差した医療の確立を目指して病院職員が真剣に取り組んでおります。 診察の結果、入院と判断されましたら、入院手続きが必要となります。入院の形態によって手続書類の記入が異なります。

医療相談

入院手続き

診察後、入院治療と判断されましたら、地域支援連携室の相談員が手続きについて説明致します。ご家族の方の付き添いをお願い致します。

 

その際に、健康保険証・公的資格受給者証明書(限度額適用認定証・福祉医療受給者証・介護保険被保険者証等)をお持ちの方は外来窓口にご提示ください。

入院に必要なもの

印鑑(手続き時に使用)

療養病棟内

療養病棟(内科​)

着替え(下着類、パジャマ 等)

日用品(男性は電気髭剃り、ティッシュ、バスタオル等)

食事用具(湯呑用コップ・・・割れないもの、箸等)

履物(スリッパ、ズック・・・滑りにくいもの)

*患者さんの様態によって必要な物品が変わります。

詳しくは病棟スタッフにご相談ください。

病院用ベッド

精神療養病棟に入院される方

洗面用具、着替え(下着類、普段着、パジャマ 等)

日用品(男性は電気髭剃り、ティッシュ、バスタオル、シャンプー、洗剤 等)

食事用具(湯呑用コップ・・・出来るだけフタ付きのもの、箸 等)

履物(スリッパ、ズック・・・滑りにくいもの)

*トラブル防止の為、危険物(マッチ、ライター、刃物)や貴重品、多額の現金はお持ちにならぬようご協力お願いいたします。
*現金の個人管理が不安な方は病院で管理いたしますのでお気軽にご相談ください。

*洗濯等をご自分で管理できない、また病衣等のリースをご希望される場合は、病棟スタッフか医療相談員にご相談ください。